ワークショップについて

 

こちらのワークショップは東京ジュエリーフェスで行う内容になります。

実店舗でのワークショップと少し内容が異なります。

 

以下の手順で行いますのでご確認ください。


まずはデザインを決めて基本の藍シェルを選びます。
デザインサンプルは下にあります。

 

ピアス・イヤリングは2個

ペンダントは1個になります。


次にオプションパーツを選びます。

パーツは有料です。

 

デザインに合わせて選んでください。

素材によっては限定数量のものもありますのでご了承ください。

組立て作業を行います。

基本的にはチャーム部分をくみ上げていくようになります。

 

難しいところは講師2名がいますので聞いてください。


以下の動画がおおよその作り方になります。

担当講師紹介

講師:土井 仁

ジュエリー工房Athens代表。

2006年から1年間イタリアでジュエリー製作を学び、帰国後に開業。

イタリアンの伝統技法によるジュエリーの製造販売を行う。

 

伝統的な技法と日本の伝統工芸を結びつけた藍シェルを開発し現在プロモーション中。

講師:紺野直子

Jewelry&workshop flos ferri代表。

2004年から2年間、日本宝飾クラフト学院にてジュエリーメイキングを学び、2014年に開業。

コンテンポラリーな作品を中心にジュエリーの製造販売を行っている。